99円レンタルサーバーは、サービス名称そのままに利用料の最も安いプランの月額料金が99円に設定されたレンタルサーバーです。

ホスティングサービス全体を通して、初心者や小規模サイト運営者など個人ユーザー向けのサーバー仕様となっています。

最上位プランでも月額598円と格安の料金設定となっていることが魅力のひとつです。

99円レンタルサーバーの特徴を解説していきます。

99円レンタルサーバー機能一覧

「99円レンタルサーバー」のトップページのスクリーンショット

格安レンタルサーバーですが、99円のエコノミープラン以外はデータベースを使用することが可能です。

パワーユーザー200プランとパワーユーザー10Gプランでは、データベース数が無制限となっています。

複数サイトをWordPressで制作することもできますし、EC-CUBEによるネットショップ構築など、DBを必要とする他のCMSも1つのサーバーアカウント契約でまとめて運営することが可能です。

ただ、最上位プラン(パワーユーザー10Gプラン)でも、ディスク容量が50GBです。

同じ格安レンタルサーバーのバリューサーバーでは、最も安い月額料金のエコプランでも50GBのディスク容量を使用できます。

ディスク容量については、他社のレンタルサーバーと比較して、99円レンタルサーバーは圧倒的に劣っているといえますね。

機能 エコノミー エコノミーDB エコノミーDB+ パワーユーザー200 パワーユーザー10G
ディスクスペース 15GB 15GB 15GB 20GB 50GB
URLアドレス 独自ドメイン 独自ドメイン 独自ドメイン 独自ドメイン 独自ドメイン
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
MySQL 1個 3個 無制限 無制限
FTPアカウント
PHP
CGI
メールアカウント 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
バックアップ
転送量 課金なし 課金なし 課金なし 課金なし 課金なし
自動インストール

99円レンタルサーバー料金表

エコノミー エコノミーDB エコノミーDB+ パワーユーザー200 パワーユーザー10G
初期費用 2,000円 2,000円 2,000円 2,000円 2,000円
月額費用(6ヶ月契約) 146円 280円 413円 663円 796円
月額費用(12ヶ月契約) 99円 199円 299円 499円 598円

月額料金だけを捉えると、99円~598円と圧倒的低価格のレンタルサーバーとなっています。

ただ、1つ注意点といえるのが、初期費用は無料ではないこと。

クイッカの初期費用は926円です。クイッカでは最安の月額料金が90円となっているので、初期費用・月額費用ともにクイッカの方が勝っていますね。

また、99円レンタルサーバーの場合、エコノミープランの初期費用は月額99円の20ヶ月分に相当します。

そう考えると、初期費用については、やはり割高感があるといえるでしょう。

ただ、パワーユーザー200プランとパワーユーザー10Gプランの1年契約をクレジット決済で申し込むと、初期費用が半額になります。

初期費用が気になる人は、上位プランを検討するといいでしょう。

99円レンタルサーバーの詳細を見る

99円レンタルサーバーはこんな人にオススメ

初めてレンタルサーバーを契約する人におすすめできる低価格のレンタルサーバーです。下位のエコノミープランも含め、全プランでマルチドメインが無制限であることも99円レンタルサーバーの特長です。

ページ数の少ないサイトやアクセス数の少ないサイトを運用する人は、コスパの良いレンタルサーバーとして使えるかもしれません。

例えば、ウェブデザイナーのポートフォリオサイトなど、限られたユーザーを対象としたアクセス数の少ないサイト運用に活かせるでしょう。

逆にいうと、WordPressを使ったメディアサイトを運用する人には99円レンタルサーバーは適していません。

同じ格安レンタルサーバーの中ではロリポップ!を、ワンランク上のレンタルサーバーの中ではエックスサーバーを推奨します。

  • 月額費用を抑えたい人
  • アクセス数の少ないサイトを運用する人
  • 運用ドメイン数の多い人
  • データベースを数多く使いたい人

99円レンタルサーバーのレビュー

長所は、やはり低価格であることです。

『ホームページをとりあえず作ってみたい』という人には適しているレンタルサーバーといえます。

WordPress、Movable Type、XOOPSなど人気のCMSの自動インストール機能や、365日24時間対応のメールサポートもあるので、初心者でも安心して使えるでしょう。

全プラン共通で、ドメイン・サブドメイン・メールアドレスが無制限となっていることも評価できます。

また、契約プランの変更は可能となっているので、エコノミープランからスタートすることでも問題はありません。サイトの成長に合わせて、上位プランへ移行するという選択肢もあります。

しかし、柔軟にプラン変更を行いサーバー仕様を変動させたいのであれば、最初からクラウド型のレンタルサーバーを選びましょう。低価格帯のクラウド型共用サーバーであれば、スターサーバーがイチオシです。

99円レンタルサーバーの短所は、「99円」と銘打たれていますがデータベースの利用には月額199円(エコノミーDBプラン)がかかってしまうことです。

99円レンタルサーバーの場合、99円の月額費用でWordPressを利用できるわけではないのです。

その点、ドメインキングであれば月額費用100円の下位プランでもDBを使用してWordPressサイトを構築することができますよ。

99円レンタルサーバーのまとめ

99円レンタルサーバーのまとめです。

  • 月額99円~の激安レンタルサーバー
  • 月額499円~データベース数が無制限
  • 全プランでマルチドメイン無制限
  • 契約途中でのプラン変更可能
  • 年中無休のメールサポート
男性「ポイント」

月額99円という安さは魅力的ですね。静的なホームページをまずは作ってみたい人にはおすすめできる共用サーバーです。