クラウド型サーバー「スターサーバー」が、2017年9月19日にオールSSD環境を導入しました。

従来のHDDと比べて、データの読み書きスピードが高速になったことで、Webサイトの表示速度が大幅に向上しています。

これにより、スターサーバーは「高性能CPU」「大容量メモリ」「オールSSD」と三拍子そろった高速レンタルサーバーと呼ぶにふさわしいレンタルサーバーとなりました。

競合他社が提供する同じ個人ユーザー向け低価格サーバーと比較しても、スペック面での優位性は抜きん出ているといえるでしょう。

新しくサーバーの契約を検討しているのであれば、候補のひとつとしてスターサーバーをおすすめします。

オールSSD環境の提供を開始したスターサーバー公式サイトを見る