エックスサーバーは、ユーザーからの支持と共用サーバーとしてのスペックともに上位に位置する人気のレンタルサーバーです。

エックスサーバーはコストパフォーマンスに優れていて、機能面はもちろんサイトの表示速度も充分に満足のいくレベルです。

そのエックスサーバーが、2017年7月11日以降の新規アカウント分から既存のHDD環境をSSD環境へと変更するようです。

オールSSD環境の採用により、データの読み込み速度が48倍以上と大幅に向上しているため、ウェブサイトのパフォーマンスについても大きな改善が期待できますね。

またあわせて採用されたRAID10構成もユーザーにとっては嬉しい限りです。これで、データの安全性がより担保されるようになりました。

新規申込みのアカウントについてはもちろん新仕様のサーバー環境となっていますが、既存のユーザーについても2017年秋以降に順次、オールSSD構成へと変更してもらえるようです。期待して待ちましょう。

オールSSDでさらに高性能となったエックスサーバー公式サイトを見る