デスクトップPCと「Web標準」の文字
ウェブ制作において標準的に利用される技術仕様。

Web制作の分野において「Web標準(Web Standards)」という言葉があります。

これは、標準的に利用される各技術仕様の総称です。

Webの黎明期では、Webブラウザごとに独自拡張が実装されていて、ユーザーの環境によって表示や動作にかなりの誤差がありました。そして、そのことはWeb制作者の対応を余儀なくさせ、負担を大きくしていました。

その後、W3Cの定める技術仕様をWebブラウザが適切にサポートし始めたことで、ユーザーがさまざまなデバイスやソフトウェアを用いても、同じようにWebコンテンツを表示・閲覧することができるようになっています。

Webサイト制作におけるWeb標準のメリット

レンタルサーバーを利用する人は、もちろんWebサイトを運営することが目的でしょう。

その際に技術的な知識が豊富になくても、「Web標準」という言葉を頭の片隅に入れておきましょう。

Web標準に準拠する。つまり、HTMLが文書構造を担い、CSSが視覚表現を担う。この役割分担を明確にすることで『メンテンスしやすい』『ユーザーが容易にアクセスできる』『互換性が保たれる』などのメリットが期待できます。

また、Web標準に準拠したサイト制作を行うことで、検索エンジンのクローラーにとっても正しく認識しやすいサイト構造となるため、結果的にSEOにも寄与するはずです。