クライアントサイドスクリプトの概略図
クライアントサイドスクリプトはWebブラウザ側で動くスクリプトのこと。

Webサイト制作で使われるプログラムは大きく2つに分類されます。それは「サーバーサイドスクリプト(Server-side scripting)」と「クライアントサイドスクリプト(Client-side scripting)」です。

今回取り上げるのは後者の「クライアントサイドスクリプト」となります。

クライアントサイドスクリプトの「クライアント」とは?

クライアントサイドスクリプトはその名前の通り、クライアント側で実行されるプログラムのことです。

では、ここで言う"クライアント"とは何を指しているでしょうか?

答えは「(利用者となる)Webブラウザ」です。

Webサイトを閲覧するクライアントマシン(ユーザーの端末)は、まずWebサーバーへデータを要求します。その時にウェブページとなるHTMLや画像ファイルの他にプログラムのファイルもいっしょにダウンロードしていて、ブラウザが処理を行うようになっています。

このクライアントサイドスクリプトでは、ブラウザへの処理とHTML・CSSの操作を主に担っています。

クライアントサイドスクリプトのメリット

冒頭でクライアントサイドスクリプトの他にサーバーサイドスクリプトがあると書きました。

では、サーバーサイドスクリプトと比較してクライアントサイドスクリプトが持つメリットは何でしょうか?

それは計算処理をブラウザへ任せていることです。つまり、その分だけサーバーの負担が少なくなるのです。

また、一度ダウンロードしたファイルは、ブラウザ内でプログラムを直接実行できることもメリットとなります。

クライアントサイドスクリプト言語の種類

主なクライアントサイドスクリプト言語としては下記が挙げられます。

  • JavaScript
  • ECMAScript
  • JScript
  • ActionScript

ECMAScriptは、JavaScriptの標準仕様です。

JavaScriptは、Webブラウザのデファクトスタンダードとなっているクライアントサイドスクリプト言語であり、MozillaのFirefoxをはじめGoogle ChromeやSafariなどの主要ブラウザがサポートしています。拡張子が「.js」のファイルがJavaScriptのファイルです。

JScriptは、Internet Explorer 8.0までサポートされていました。マイクロソフト社製のスクリプト言語です。

ActionScriptは、ECMAScriptを拡張したスクリプト言語で、Adobe Flashで使用されています。